次代の農と食をつくる会のこと


「次代の農と食をつくる会」とは、生産・流通・販売・教育・出版・イベント企画など、 さまざまな分野のオーガニック農業界の若手メンバー(45歳未満)がつどい、 有機農業をはじめとする循環型農業(オーガニック・エコ農業)の推進を目的として、2016年4月に結成した団体です。
もっと詳しく
オーガニック・エコ農業が、
新たな農と食の形を作り出す。

オーガニック・エコ農産物安定供給体制構築事業


国内のオーガニック・エコ農業の規模拡大と活性化を目指し、次代の農と食をつくる会では、多様なジャンルの若手メンバーの力を中心に、2016年度農林水産省「オーガニック・エコ農産物安定供給体制構築全国事業」の3事業を実施していきます。
もっと詳しく 資料ダウンロード

プロジェクト


farmO 土壌調査

ネットワーク


次代の農と食をつくる会では、オーガニック・エコ農業にゆかりのある方を中心に、 日本の農業に問題意識を持ち、行動する、 世代やジャンルを超えた有識者たちが連携した「オーガニック・エコ農と食のネットワーク」とも連携していきます。
もっと詳しく

有機農業の日


「有機農業の日」とは、2006年に成立・施行された「有機農業推進法」の10周年に向けて、 有機農業のさらなる普及・拡大を目指した記念日として制定されました。 次代の農と食を作る会では、「有機農業の日」運動を応援していきます。
有機農業の日